パートタイム労働考

アクセスカウンタ

zoom RSS 第2回労働政策基本部会を開催

<<   作成日時 : 2017/10/12 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 厚生労働省は、平成29年10月10日、第2回労働政策審議会労働政策基本部会(部会長:守島基博学習院大学経済学部経営学科教授)を開催しました。労働政策基本部会は、昨年12月14日に「働き方に関する政策決定プロセス有識者会議」(座長:小峰隆夫法政大学大学院政策創造研究科教授)から、公労使三者構成ではない新たな部会として提言されていたものです。

 第2回労働政策基本部会では、当面の審議事項と大まかな今後の進め方が示されています。

当面の審議事項
〇労働政策基本部会では、各分科会及び部会を横断する中長期的課題、就業構造に関する課題、旧来の労使の枠組に当てはまらないような課題について審議を行う(第 1 回当部会申し合わせ)。

○来年予定している報告書の取りまとめに向け、以下の審議事項について行う。
技術革新(AI等)の動向と労働への影響等
 ・日本国内・諸外国における状況
 ・諸外国における政策の動向(ドイツの「労働 4.0」等)
 ・技術革新が働き方に与える影響
働く人すべての活躍を通じた生産性向上等に向けた取組
 ・日本における労働生産性の課題
 ・多様な就業形態の労働移動の見通し
 ・人材育成のあるべき方向性
 ・今後の労働教育のあり方
時間・空間・企業に縛られない働き方
 ・テレワーク、兼業・副業、雇用類似の働き方に関する現状と課題
 ・既存のセーフティネットや労働法制での対応の必要性
 ・働き方の変化と多様性を妨げないような制度のあり方
 ・今後の労働教育のあり方【再掲】

今後の進め方
〇第3回:11月頃
 ・技術革新(AI等)の動向と労働への影響等
〇第4回:12月頃
 ・技術革新(AI等)の動向と労働への影響等

〇第5回:来年2月頃
 ・働く人すべての活躍を通じた生産性向上等に向けた取組
〇第6回:来年3月頃
 ・働く人すべての活躍を通じた生産性向上等に向けた取組

〇第7回:来年4月頃
 ・時間・空間・企業に縛られない働き方
〇第8回:来年5月頃
 ・時間・空間・企業に縛られない働き方

〇6月以降、報告書取りまとめに向けた議論を実施し、夏ごろ取りまとめ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第2回労働政策基本部会を開催 パートタイム労働考/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる